伊藤歯科医院

熊本県合志市の歯科医院 インプラント、ホワイトニング、矯正歯科、審美歯科、小児歯科、歯周病

HOME

医院紹介

診療案内

インプラント

アクセス

EPARK

 

バーコードリーダーでQRを読み取っていただくと、簡単にモバイルサイトをご利用いただけます。

携帯・スマートフォンから下記URLへ


http://pc.fdoc.jp/hp/128912.html?h_invi=128912

 

各種クレジットカード

 

熊本県歯科医師会

 

日本歯科医師会

 

HOME»  矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

 

正しい歯並びの条件

point 1 前後のバランス
point 2 左右のバランス
point 3 上下のバランス
point 4 スペース
point 5 口元
・後退感や突出感がない
・楽に唇を閉じることができる
point 6 歯・歯周組織
・親知らずを除いて28本の歯が揃っている
・歯が異常な形をしていない
・歯茎や歯を支えている骨が健康である
point 7 機能
・食べる、話すなどの機能に問題がない
・異常な癖がない

※必ずしも全てがあてはまらなければならないというものではありません。

 

不正咬合と正常咬合

不正咬合 正常咬合
1.前後のバランス
上顎前突 下顎前突
上顎前突 下顎前突

一般に、出っ歯や受け口と呼ばれています。
上下の顎の大きさといった、
骨格的なバランスに問題がある場合と、
前歯の傾きといった歯の並び方に問題がある場合
があります。
6歳臼歯のかみ合わせのずれが
どの程度あるかということも、
治療法を左右する要素です。

習癖が原因で起こる場合もあります。
 
正常咬合
 
   ・上下の顎の大きさのバランスがとれている
・前歯は上が下の2mm程度前方にある
  ・奥歯は1本に対して2本が咬み合っている
2.左右のバランス
交叉(こうさ)咬合 鋏状(はさみじょう)咬合
交叉(こうさ)咬合 鋏状(はさみじょう)咬合

骨格や骨の咬み合わせが左右どちらかにずれています。骨格のずれがなくても、咬み合わせのずれを放置していると、骨格がずれてくることが多いので、早めに治療が必要です。
交叉咬合は、下の歯が上の歯の外側に出ている咬み合わせのことで、逆に鋏状咬合は、下の歯が上の歯の内側に入っている咬み合わせのことです。
 
前後のバランス
 
     ・骨格が左右対称である
     ・上下の前歯の真ん中が一致している
     ・上の歯に下の歯の外側の山が咬み合っている
3.上下のバランス
過蓋(かがい)咬合 開咬(かいこう)
過蓋(かがい)咬合 開咬(かいこう)

咬み合わせが深いことを過蓋咬合
上下の歯の間にスペースがあいていることを開咬といいます。
いずれの場合も、習癖が関与している場合が多く見られます。
特に開咬は舌癖や口呼吸など、
機能の異常によって増悪しますので、
咬み合わせを治すのと同時に、
機能の改善が必要な場合が多いです。
 
左右のバランス
 
  
    ・骨格的に上下の長さのバランスがとれている
    ・上下の前歯が2mm程度重なっている
4.スペース
過蓋(かがい)咬合 空隙歯列
叢生(そうせい) 開咬(かいこう)

顎の大きさと歯の大きさのバランスがとれていない状態です。
顎の大きさに比べて歯の並ぶスペースがなく、
歯ががたがたしていることを叢生
逆にスペースが余っていることを空隙歯列といいます。
前歯と6歳臼歯がはえると、永久歯が並ぶのに
どのくらいスペースが足りていないかを
予測することができます。
 
上下のバランス
 
   
     ・歯が一列に並んでいる
     ・歯が重なっているところやスペースがない

 

矯正治療が始まるまで

矯正歯科

 

①初診(相談)
治療のあらましの説明

②精密検査
レントゲン写真、歯の型、歯や顔の写真撮影

③診断(検査結果の説明)
治療方法、装置、期間、費用の説明

④治療開始
説明を理解していただいた後に治療を開始します

 

矯正装置の説明

矯正装置には様々な種類のものがあり、口の中にいれる装置としては、
取りはずしのできるものと固定式のものがあります。

固定式の装置では金属のものと目立ちにくい白色のものがあります。

また歯を移動させた後には、まわりの骨が落ち着くまで
保定装置という取り外しのできる装置の使用が必要となります。

 

取りはずしのできる装置

取りはずしのできる装置

 

取りはずしのできる装置

 

 

 

固定装置

金属

金属

 

セラミック

セラミック

 

 

 

※上記の装置のほかにも口の外に装着する装置もあります

 

矯正Q&A

Q1

何歳ごろに相談したらよろしいのですか?

A

症状によって、治療開始時期が違ってきます。
気づいた時点で、なるべく早く専門医に相談されることをお勧めします。

 

Q2

大人でも治療できますか?

A

大人の方でも、矯正治療を受けている方はたくさんいらっしゃいます。

 

Q3

治療期間と費用はどのくらいですか?

A

症状によって、また治療内容によって期間や費用は異なります。
本格的な治療においては、通常月に1ないし2度程度の通院で1~3年ぐらいかかり、治療後1年程度は保定のための通院が必要です。また、支払い方法はご相談下さい。

 

Q4

矯正治療にはどのくらいの通院が必要ですか?

A

治療開始までに、検査、診断、歯みがき指導など3~4回。
口の中に装置が入った場合、だいたい月に1~2回程度です。
予約日を守ることは、早く治ることにつながります。 決められた通院日には、忘れずに来院しましょう。

 

Q5

歯ならびを治すために、歯を抜くことがありますか?

A

きれいな歯ならびにするために、特にでこぼこがひどい場合は、歯を抜くこともあります。
抜いた所の隙間が残ることはありません。

 

Q6

口の中に装置を入れると、痛くありませんか?

A

初めて装置をつけたときは、3~4日、歯が浮いたような痛みがありますが、1週間程度で慣れます。

 

Q7

歯みがきは、今まで通りできますか?

A

矯正装置を入れているので、汚れがつきやすくなります。
教わった方法で丁寧に歯みがきをしてください。歯みがきによって装置が壊れることはありません。

 

Q8

矯正治療中、虫歯ができたらどうなりますか?

A

虫歯ができてしまうと、治療途中でも装置をはずして虫歯の治療をしなければいけません。
そうすると治療期間が長引いてしまいます。
虫歯にならないように、教わった方法で正しく丁寧にみがきましょう。

 

お問い合わせはこちら

伊藤歯科医院