伊藤歯科医院

熊本県合志市の歯科医院 インプラント、ホワイトニング、矯正歯科、審美歯科、小児歯科、歯周病

HOME

医院紹介

診療案内

インプラント

アクセス

EPARK

 

バーコードリーダーでQRを読み取っていただくと、簡単にモバイルサイトをご利用いただけます。

携帯・スマートフォンから下記URLへ


http://pc.fdoc.jp/hp/128912.html?h_invi=128912

 

各種クレジットカード

 

熊本県歯科医師会

 

日本歯科医師会

 

HOME»  インプラント

インプラント

「インプラント」とは、どんな治療方法ですか?

インプラントの構造

 

インプラント(implant)とは、植えつけるという意味です。

歯科領域でのインプラント治療といえば、
一般的には人工歯根治療の事をいいます。

歯が抜けたとき、代わりに自分の歯に近い人工の歯を
「植立」することで、より自然に近い、美しい「自分の歯」を
取り戻して、食事も美味しく頂くことができます。

少し前まで主流だった「入れ歯」や「ブリッジ」「差し歯」は
どうしても噛む力が劣ってしまいました。

しかし、インプラントは違います。

高齢化社会を迎える現代、
またより歯の美しさが追求される今、
まさに主役ともいえる治療法として
多くの患者さんの注目を集めています。

「インプラント」とは、歯の抜けた所に
人工の歯根を植え、しっかりと顎(あご)の骨を固定した後
その上に人工の歯を制作し装着する方法です。

天然歯と同様の、
健全な咀嚼(そしゃく)運動(噛み砕き、飲み込む運動)
ができるようになります。

 

インプラントは従来の方法とどのように違いますか?

インプラント従来の方法との違い

 

インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系や
プラスチックの床(ピンク色の部分)、
あるいは残存している歯に引っ掛ける止め金が必要ないので、
口の中がスッキリとし、本来の自然な運動が甦ります。

また、製作された人工の歯もぴったりと固定されていますから、
固いものでも楽に食べられるようになります。

 

 

*メリット①
---------

歯が1本抜けている場合、
従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことができるので、他の歯を削る必要はありません。

 

*メリット②
----------
たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、かむ力を支えなければなりません。このかむ力はとても大きなものです。インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります。

 

*メリット③
----------
奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取りはずしする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取りはずさないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。

 


《従来の治療法》






《インプラント》

インプラントのメリット

 

インプラントのメリット

 

インプラントのメリット

治療の流れ

①カウンセリング・診査

STEP1:カウンセリング

どのような症状があるか、どう回復させたいかなどの自分の症状と希望を明確に医師に伝えます。
治療法について理解しておくことは大変重要です。
わからないこと・疑問に思うこと・不明な点などはこのときにはっきりとさせ、
後にトラブルが起こらないよう真剣に取り組みましょう。

 

STEP2:診査

レントゲン撮影

歯列全体をレントゲン撮影し、顎の骨や歯の状態を捉えます。
治療を施す部分のスペースや歯列の調和も判断します。
骨の量や質、歯やその周囲の歯肉の状態などから、
インプラント治療が可能かどうか総合的に判断します。

CT撮影(コンピューター・トモグラフィー)
インプラント体埋入部を撮影し、顎骨の断面の形状などを判断します。

咬み合わせチェック
歯型をとって模型を作り、咬み合わせを診査する装置(咬合器)に取り付けます。
歯列や咬み合せのチェックの他、最終的な上部構造の予想形態をワックスで作ったりします。
治療の設計図となるとても重要な項目です。

 

②手術前の準備

STEP3:治療方法の決定

カウンセリングと診査の結果から、インプラント体を埋入する部位や数、
インプラント体のサイズなどの提案が医師側から行われます。

あくまで提案ですので、自分が納得できるまで話を聞いたり、
検討してみることが大切です。
安心して手術をまかせられる信頼関係を築けるかどうか
自分が判断する場面でもあります。

 

STEP4:手術前の検査と治療

血液検査など
インプラント治療が不可能な病気はほとんどありませんが、
自分の体全体の健康状態を医師に把握してもらわなければなりません。
なんらかの持病や治療中の病気がある場合は、伝えておきましょう。

虫歯、歯周病の治療
歯周病の原因となる虫歯、歯槽骨に及ぶ歯周病を患っている場合は
手術の前に治療を行います。
インプラント体を埋入した部分の骨が歯周病に感染し、
せっかく入れたインプラント体が抜け落ちてしまうのを防ぐためです。

骨の再生や移植手術
歯槽骨が不足している場合には、事前に再生や移植の手術を行います。

 

③インプラントの挿入

歯肉の切開(局所麻酔を使います。)

  ↓ ↓ ↓

インプラントを顎骨に埋め込む
(ドリルでインプラント体を埋め込むための穴を開けてから埋め込み、
インプラント体の頭の部分にカバーを装着します。)

  ↓ ↓ ↓

歯肉の縫合となります。

抜糸までは約1週間で、消毒のために通院する場合もあります。
細菌感染を防ぐための抗生物質や消毒薬が処方されます。
手術時間は30分~1時間程度です。

歯科医師の熟練度や歯や顎の状態、インプラントの種類などにもよります。
当日はお酒・運動・お風呂は控え、ゆっくりと休んだ方が良いでしょう。

 

④2~5ヶ月程度の術後管理

抗生剤などを使用して口の中を清潔に保つよう、セルフケアと通院を併せて行います。
傷口が治ったら歯ブラシを使った掃除を開始します。
糖分や肉類の摂り過ぎに注意し、栄養や睡眠のバランスにも気を配りましょう。

抜糸が終わったら仮歯や入れ歯で一時的に歯の機能を補って、
インプラント体が骨と結合するのを待ちます。
しかし歯の機能を補っても、術後3ヶ月くらいは
インプラントに力がかからないように注意します。

 

⑤上部構造(人工歯)の装着

インプラントがしっかりと骨に結合していることが確認できたら、
人工歯をとりつけるためのアバットメントと呼ばれる上部構造の土台となる部品を取り付けます。

おおまかな流れは、歯肉の切開
(局所麻酔の後、インプラント体を埋め込んだ場所を確認してから切開します。)

  ↓ ↓ ↓

アバットメント(上部構造)の装着

  ↓ ↓ ↓

アバットメントの周囲の縫合。しばらくして歯肉が落ち着いたら

  ↓ ↓ ↓

人工歯を作るための型取り(咬み合わせなどを慎重に調整します。)

  ↓ ↓ ↓

1~2週間で人工歯(仮歯)が完成

  ↓ ↓ ↓

人工歯の取り付け

  ↓ ↓ ↓

治療終了となります。

 

インプラントの治療例(詳しいページ

インプラントの治療費は、
手術料とインプラントの材料費、インプラントに装着する義歯の費用の合計です。
担当の先生の説明をよく聞いた上で、お支払方法も含めご相談下さい。

※健康保険は使えませんが、医療費控除の対象となります。

 

インプラントの治療例

 

お問い合わせはこちら

伊藤歯科医院